代表挨拶

代表 福島

はじめまして。福島内装の代表 福島裕聡(ふくしま ひろとし)と申します。今回、福島内装のホームページにお越しいただきありがとうございます。

静岡県沼津市・富士市を中心に、新築・中古物件を問わずに内装リフォーム業を営んでおります。

主に、クロス(壁紙)の張替えや床材(フロアタイル・タイルカーペット)の張替えをメインで行っております。

地元沼津市のクロス業者にて7年修行をしたのち、2018年1月に独立してから適正価格で高品質・デザイン力が高い内装の提案をさせていただいております。

内装リフォーム業界の闇と余分な中間マージンを排除したい

クロス(壁紙)や床材の張替えを行う内装業界自体は単価が安いため、「いかに早く仕事をこなすか?」が勝負です。

工事費用が低価格な分、数をこなさなければ儲からないからです。

その結果、仕事はたくさんあるものの、作業効率を図り手抜き工事による品質の低下をやむを得ず行う内装業者がたくさんいます。

しかし、内装業(クロス貼り、床施工)はお客様の目に一番とまるところです。人でいうところの「顔」と呼べる場所のクロスが剥がれたりヨレたりしていると見栄えが悪くなってしまいます。

ただ、丁寧に仕事を行うと今度は早く数をこなせなくなるため、ほとんどの内装業者が手抜きをしているのです。

その結果、クロスが剥がれたり、平面である壁がクロス越しに凸凹に見えるような雑な新築やリフォーム業者が増えてしまいました。

私は職人として、これが納得いきません。

しかしながら、一概に内装業者だけが悪いわけではないのも事実です。ハウスメーカーやリフォーム業者から仕事を受ける下請けの内装業者の場合、30~40%もの中間マージンを取られてしまうからです。

お客様は知らない方も多いですが、ハウスメーカーや工務店を通すことによって、実質20万の工事が30万、40万になってしまいます。

つまり、下請けに回ってくる工事は決められた予算で定められた内容を実現しなければならないのです。

その結果として、「下請け業者は手間代が安いのを理由に粗悪な工事をしているのが内装業の大きな闇(問題)」であると言えます。

私はこれがどうしても納得がいきません。

お客様は実際の工事よりも高額な費用を支払っているのに、手抜き工事をされるなんて許せません。

正直、そのような仕事をしていれば仕事は来なくなりますし、何よりプロとして恥ずかし限りです。

そこで、弊社では自社で請負いから実際の施工までを一貫して行うことを徹底してます。

そのため、仕事を取るだけの営業業者やリフォーム業者のような無駄な中間マージンが発生しないぶん、適正価格で提供させていただくことができます。

浮いたお金でより豪華にしたり、予算に合わせてお安くすることも可能ですので、まずは無料見積りからご依頼いただけますと幸いです。

私はクロス貼り、床施工ととにかく仕事をすることが好きで、お客様に適正価格で素晴らしい仕事を提供し 喜んでいただきたく日々仕事に取り組んでいます。 施工後もこの先何年もお付き合いできるような関係を築いていきたいと考えているからです。

福島内装のクロス・床材張替えの内装リフォーム業者としての使命

ひとえにクロス(壁紙)や床材といっても種類はたくさんあり、組み合わせ次第でシンプルなものからデザイン性の高いオリジナリティ溢れる内装を実現させることが可能です。

シンプルモダンから西洋を思わせるような豪華な内装であっても、クロス(壁紙)や床材(フロアタイル・タイルカーペット)の選び方次第です。

柄や色の組み合わせ次第で、あなただけの内装を実現可能です。

また、黄ばんだり破れたりして古くなったクロスや床材を張り替えるだけで、新築同様のお部屋に生まれ変わります。

サンプルやイメージを確認しながら、理想の内装リフォームのお手伝いをさせていただきます。雑誌やInstagramなどから「こんな内装にしたいです」といったご要望に応えることも可能です。

なお、見積りを依頼したからと言って工事を依頼しなければならないわけではありませんので、ご安心ください。

納得していただいた上でご依頼をいただきたいと考えておりますので、お気軽に無料お見積りのご依頼をお待ちしております。

メールで問合せ