クロス・床張替えの相見積りは予算と工事内容を決めないと損をする理由

内装工事(クロス、床張り替え)で失敗しないためには、正しい業者選びをすることが大切です。そこで、業者選びで役立つのが相見積もりです。

相見積もりとは、複数の会社に見積もりを取ることです。そうすることで、その中から一番お客様に適している業者を選ぶことができます。

ただ値段が安いという理由だけで内装業者を決めてしまうと、業者の思うつぼです。

他の工事と違ってクロス、床張り替えはそこまで高額ではないにしても、お客様からしてみれば、低価格で施工したいと考える方は多いはずです。

しかし、内装工事(クロス、床張り替え)は、人の手で作りあげるものなので人件費がかさみます。また、使用する材料にこだわりを持てば、その分だけ工事費用に上乗せされるため、必然的に金額は高くなります。

そのため、安さを売りにしている業者や大幅な値引きをする会社は避けた方が無難です。工事費用を削減するためには、手抜き工事または材料のランクを下げる他ないからです。

そこで、このページでは、相見積もりを取る際に重要なポイントを紹介します。

重要なポイントを押さえることで、優良業者で、なおかつ金額も一番安い業者を見つけることができます。

大まかな予算を決めておく

相見積もりで大切なのは、予算を決めて、予算内で一番良い提案をしてくれる業者を選ぶことです。

予算といっても、大半の方は内装工事の購買経験がないため明確な予算を決めることができませんので、大まかな金額で構いません。

弊社では、お見積もりを取る際に、まず、このくらいなら出せるという大まかな予算を設定していただいています。

そうすることで、お客様が理想としている工事の提案がスムーズにできるからです。

予算の中でできることと予算オーバーにより検討が必要なことをお伝えし、より希望に近い工事内容の提案ができるように努めています。

ここで、予算を設定しておくと何が良いのか、分かりやすく料理に例えてご説明します。

例えば、あなたが料理屋を営んでいるとします。そこへ、「美味しいマグロを安い値段で提供してほしい」と言われたらどうでしょうか。

大トロのような高価な部位を低価格で出すには限界があるため、中トロ以下の赤身などを出すはずです。

しかし、お客様がさらに「大トロを低価格で食べたい」と言ってきたらどうでしょうか。

この場合、質の悪い大トロを提供しなければ料理屋は赤字になってしまいます。

内装工事も同じように、高額な工事を無理やり安くするには、工事の質が必然的に落ちてしまいます。

一方、「1000円以内でマグロを楽しめる料理を提供してほしい」と言われたらどうでしょう。

予算が明確なため、提供できる料理の種類や素材が見えてきます。

もし、「1000円以上の料理を楽しみたい」と言われた場合、お客様の要望と共に予算を見直すこともできます。

これを内装工事に置き換えると、以下のようになります。

「予算が20万円で二階建ての住宅の天井・壁のクロスを全て貼り替えたい」というお客様がいるとしましょう。

一般的に、二階建ての住宅の天井・壁のクロスを全て貼り替える工事に対する予算が20万円だと、全てのクロスを貼り替えることはできませんので、予算にあと20万円プラスして全てのクロスを貼り替える、もしくは予算内でできるように貼り替える箇所を制限するというご提案ができるようになります。

このような決め方であれば、費用を確認しながら内装工事の予算を見直すことができます

もし、二階建て一般住宅のクロス張替え工事費用が40万円以上かかるのにも関わらず、「二階建て一般住宅のクロス張替えを20万円でやってほしい」という頼み方で相見積もりを依頼してしまうと、悪徳業者に出会う確率が高くなります。

それは、前述の通り、この予算では、手抜き工事、または工事の途中で追加費用の請求、粗悪な材料を使用するほかないからです。

着工前から20万円以上の赤字があると分かっていて仕事を取るということは、工事内のどこかで帳尻を合わせようとしている証拠です。

工事の品質を確保しながら金額を安くするためには、相場を知り、時には妥協も必要です。

要するに、「予算を決めて、譲れない内容だけを採用すれば、高品質な工事を最安値で施工できる」ということです。

行いたい工事内容を決めておく

予算を提示してしまうと、値引きしてもらうことができないのではないか?と考える方がいます。

そうではなく、「このくらいの金額であれば出せる」という大まかな金額を提示して、その予算内で行える工事を選ぶことが大切です。

お客様とじっくり話し合ったうえで算出された工事金額は、品質を損ねずに提供できる内装工事にかかる費用の最安値です。

多少の値引きは期待できるかもしれませんが、工事の金額が出てからさらなる値引き交渉を繰り返すと、じっくり話し合った意味がなくなり、内装業者の努力が水の泡になります。

お客様の希望に添えるよう、工事内容、費用、品質において精一杯努力させていただきますので、ご安心ください。

また、内装工事に20万円しか用意できないとしても、その予算内でできる限りのことをさせていただきますので、ぜひ希望をお伝えください。

業者選びは、値段だけではなく、提案できる工事内容に目を向けることも大切です。

そうすれば、品質に着目しつつ、より安価で工事を引き受けてくれる優良業者を見つけることができます。

そうでなければ、内装業者が提案するプランに従うほかなく、結果的に希望にそぐわない(高額、低品質など)工事を契約してしまうことになりますのでご注意ください。

以上のことから、内装工事を依頼する前に相見積もりを行う場合、大まかな予算と行いたい工事内容を決めておきましょう

そして、その予算内でよりお客様の理想に近い提案をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

メールで問合せ